夜です書きましょう人間が平日の夜に起きれるかれま子って夜更かしす - いもげばこ−二次元裏img@ふたば過去ログ保管庫


[トップに戻る]
夜です書」が含まれるスレッド一覧を表示する

may保管庫で「夜です書」が含まれるスレッド一覧を表示する



16/11/11(金)00:17:30 No.390095169 del
夜です
書きましょう
16/12/03(土)22:37:07 No.390095169
1478791050146.jpg-(55154 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
16/11/11(金)00:24:11 No.390096561
人間が平日の夜に起きれるか
16/11/11(金)00:25:24 No.390096805
れま子って夜更かしするから朝弱いんだっけ?
単に低血圧?
16/12/03(土)22:37:07 No.390095169
1478791050146.jpg-(55154 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
16/11/11(金)00:36:24 No.390099005
気が付くとこことか見てて全然書き進めてないとかあるよね
メモ帳開いただけで
16/11/11(金)00:38:50 No.390099496
ポッキーゲームで一つ書けたよ!
16/12/03(土)22:37:07 No.390095169
1478791050146.jpg-(55154 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
16/11/11(金)00:39:34 No.390099635
>れま子って夜更かしするから朝弱いんだっけ?
>単に低血圧?
両方じゃねえかなあ
16/11/11(金)00:39:40 No.390099661
>れま子って夜更かしするから朝弱いんだっけ?
>単に低血圧?
夕方元気な描写があったから昼夜逆転してるのかもしれない
16/11/11(金)00:41:32 No.390100028
華さんが勘当された帰りの港であのブロックに足のっけて船乗りなポーズ決めてたし夜は当社比でテンション高そう
16/11/11(金)00:41:42 No.390100061
低血圧ってどこかで言ってたような
16/11/11(金)00:42:51 No.390100266
戦車道で朝早く起きたら夜眠いって描写もあったし
単に昼夜逆転してるだけじゃないかな
16/11/11(金)00:46:26 No.390100955
両親が帰ってくるかもと思い寝られない二次創作があってもいいし
まこさおにまこそどに渇く間も無く励んで寝られない二次創作があってもいい
16/11/11(金)00:47:08 No.390101080
夜はずっと両親を待ってる麻子って公式だったか同人だったか「」の妄想だったか思い出してる
16/11/11(金)00:49:28 No.390101525
麻子は暗くするのは簡単なんだけどそこから盛り返すのが難しい
16/11/11(金)00:53:28 No.390102241
「麻子さん、ほんと朝弱いんだね」
 みほが苦笑して、麻子の腕を首にかけて持ち上げる。
「…すまん、西住さん…」
「ちょっと、わたしにはぁ?!」
 反対側の腕を担ぐ沙織が口を尖らせるが、麻子はどこ吹く風だ。
「ぁはは……。その……麻子さん、よふかしとかしてるの?」
「それほど夜更かししてるつもりはないんだが……昨夜は……何時に寝たっけ」
 麻子は首を面倒そうに回して沙織に聞いて、沙織は「さんj……」まで言いかけてから「そんなのわたしが知るわけないじゃんっ!!」と真っ赤になって首を振った。みほがきょとんとして首を傾げる。
「ちょっと麻子、びっくりするでしょ!」
 こそこそ耳打ちする沙織に、麻子はにやーっと半眼で笑った。
「沙織はタフだな。昨夜はあんなに……」
「やだもー!」
 沙織は思わず大声を上げて、ごまかすように笑ってみせる。
 きょとんとしてみせるが、週に二三度、こういう日があることをみほは知っていた。二人が同じシャンプーの匂いをさせて登校している日があることを。みほはだから思っていた。私だって、沙織さんに手を出してもいいよね……。と。みほは鞄の中のスタンガンをそっと確認した……。
16/11/11(金)00:54:23 No.390102395
突然クレイジーサイコレズをお出しするんじゃない!
16/11/11(金)00:57:21 No.390102919
まこさおかと思ったらもっと違うものだった
16/11/11(金)00:59:09 No.390103239
ワイヤー針で数メートルの間合いからこっつん作戦です
16/11/11(金)01:01:05 No.390103566
明日はおそろいの日!
16/11/11(金)01:02:08 No.390103754
「ちょっとトイレ……」
 休み時間に立ち上がる沙織に、美帆は追従して立ち上がった。
「あ、わたしも……」
「え? じゃあいっしょにいく?」
「うん! こういうのって、女子高生みたい!」
「やだもー! 女子高生じゃん!」
 沙織は相変わらずの人懐っこい笑顔でわらって、みほに手を差し伸べた。この手が、わたしを救ってくれたんだ。沙織さん。沙織さん。わたしのだいじなさおりさん。
「あれ? みぽりん、あの日?」
 みほがカバンから取り出したポーチを見て、沙織が言う。さすが女子校である。あいまいに頷くみほの後ろに、長い黒髪の人影が立った。耳元で低く囁く。
「だめですよ、みほさん」
「華さん?!」
「うふふ……今日は、わたくしの日なんです」
 底冷えするような目に射抜かれて、みほはポーチをがしゃん、と落とした……。
「何やってんの? 行こ、みぽりん!」
 沙織の笑顔は、あくまでまぶしかった。
16/11/11(金)01:03:15 No.390103929
その状況でよく光を放ち続けられるなあ…さすがすぎる
16/11/11(金)01:03:44 No.390104009
これもしかしてさおりんが一番強いんじゃ…
16/11/11(金)01:05:07 No.390104254
やめてよねもー
16/11/11(金)01:06:39 No.390104483
人生に絶望して寝ている時には辛い事を考えないで済むからというは公式だっけ二次創作だっけ
16/11/11(金)01:09:47 No.390104942
む!
16/11/11(金)01:10:43 No.390105095
 今日こそ。みほはそう決意していた。
 今日こそ沙織さんに触れる。あの柔らかい髪を指で梳いて、柔らかい胸に顔を埋めて、おなかなんかちょっとさわったりして、きっと、やだもーって言う。でもうふふってわらって。
 何度も夢に見た光景を現実のものとする。
 みほはそう決意して、懐に小さな注射器を忍ばせて登校した。
 戦車道の朝練。沙織はちょっとほつれた髪で、眠そうに登校してきた。隣には、凛として艶やかな五十鈴華。
 胃が切れるような嫉妬を味わいながら、みほが沙織に呼びかけようと一歩前に出る。こんな思いはもうたくさんだ……。
 しかしそこに6つの人影が立ちふさがった。
「武部先輩のところ、ですかぁ?」「いくら隊長でも、だめです」「あいー!」「今日は私たちの日なんですから」「待ってたんだもんね」「バイブ…入れるとこ…」
 みほはめまいがした。
 沙織さん、愛が広すぎるよ……。
16/11/11(金)01:14:38 No.390105691
なそ
にん
16/12/03(土)22:37:07 No.390095169
1478791050146.jpg-(55154 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!


コメントを書き込む

夜です書」が含まれるスレッド一覧を表示する

may保管庫で「夜です書」が含まれるスレッド一覧を表示する
おなまえ
題  名
コメント

[トップに戻る]